歯周外科

中等度・重度歯周炎まで進行してしまった場合、外科的な処置が中心となります。

◎エムドゲイン法

歯周病によって部分的に失われた、歯を支える組織を回復する治療です。歯ぐきを切開し、失われた歯周組織の部分にエムドゲインという薬剤を塗布して縫合します。

治療前                    治療後


赤い枠で囲まれた部分をご覧下さい。レントゲン写真では、組織が失われている部分が黒く写ります。治療後では、うっすらと白く写り、骨が再生していることが分かります。

ページのトップに戻る

◎歯肉弁根尖側移動術
(APF – Apically Positioned Flap surgery)

歯周病に侵された歯肉を除去し歯周病の進行を食い止める手術です。歯周ポケットが浅くなり、歯周病原菌が繁殖しづらい環境を作ります。

治療前


処置中


治療後


上顎前歯のブリッジを取り外し、歯肉を切開しました。歯周ポケットがなくなったことで口腔環境は大幅に改善しました。最後にオールセラミックスのブリッジを装着して完了です。

ページのトップに戻る

◎根面被覆術

歯周病が進行すると、歯を支える歯周組織が破壊され、歯ぐきは後退して歯が長くなったように見えます。歯周病が治った後もこの後退した歯ぐきは元に戻らないため、笑ったときの見栄えを気にされる方も多くいらっしゃいます。根面被覆術は歯肉を移植して見栄えを改善する手術です。

治療前

治療後

ページのトップに戻る

PAOO(即時矯正)

歯並びが悪いと、ブラッシングもしづらく、歯周病の治療・プラークコントロールが困難になります。そういう場合には、まずこのPAOOで歯並びを速やかに改善し、歯周病治療を効果的に進めることができます。



 

通常2~3年かかる矯正が約半年で完了し、歯周病の治療もスムーズに進みました。今では、歯ぐきは引き締まってとても良い状態です。

ページのトップに戻る

クリニックについて