スタッフブログ

位相差顕微鏡システム「ペリオスコープ」

 

歯周病(歯槽膿漏)は感染症ですが、実際にどんな細菌がお口の中に潜んでいるか、肉眼では分かりません。当院では位相差顕微鏡「ペリオスコープ」を使って細菌の状態を確認します。

歯垢(しこう)を採取して見るだけの痛みのない簡単な検査です。誰でもお口の中に細菌は少なからずおり、この検査では細菌の種類を調査します。

「ペリオスコープ」を使用して原虫、細菌、真菌、組織に分類された120カットもの歯周病関連菌種の症例画像(動画、静止画)を搭載しており、パソコンのモニター画面で観察画像と実際の菌を比較表示することによって患者さまへの説明、診断をいたします。

このぺリオスコープによる診断は、「どのようなお薬を処方するのか」を判断するのに重要な検査方法です。

 

ぺリオスコープ.JPG

 

 

| コメント(0)
ページのトップに戻る