歯がぐらぐらしている方へ

◎中等度・重度歯周炎

 

中等度~重度の歯周炎(歯周病)により、歯を支える骨が失われて歯がぐらぐらしている状態です。歯ぐきが後退していくため、歯が長くなったように見え、口臭が気になり始めたり、歯ぐきから膿が出たりします。場合によっては抜歯が必要になることもありますので、早急にご相談下さい。

中等度歯肉炎

歯周ポケットが 3 ~ 6mm 以内、歯の揺れる幅が 1 ~ 2mm 以内で骨が半分程度溶けてしまった状態です。歯がぐらぐらし始め、歯ぐきは後退して歯が長くなったように見えてきます。

重度歯肉炎

歯周ポケットの深さが 6mm 以上、歯の揺れる幅が 2 ~ 3mm の歯周炎を重度歯周炎といいます。歯を支える骨は 3 分の 2 程度失われて、歯はぐらぐらして硬いものを噛むことができなくなります。

外科的な処置を中心に、場合によっては抜歯という選択肢も視野に入れて治療をしてまいります。

ページのトップに戻る

◎重度歯周病の治療例

治療例 1

治療前

治療後

重度の歯周炎により上顎の歯が全て外向きにひらき歯間が開いた状態で来院されました。

治療:下顎臼歯部(下奥歯)を抜歯した状態のままになっておりましたので、前歯が強くあたり、歯周病も重なり前歯が開いてしまっていました。下奥歯欠損部はインプラントによる治療、また開いてしまった上顎は矯正により元の位置に戻しました。下に入れたインプラントにより全ての歯が均一に噛み合うようになり、歯周病の治療もスムーズに行えました。

期間:1年 費用:約200万円

治療例 2

治療前                   治療後

重度歯周炎により下顎前歯が動揺して来院されました。

治療:下顎前歯4本は動揺が著しく、又歯並びが悪くメインテナンスが上手くできない状態でしたので抜歯させて頂きました。抜歯後、歯肉の退縮を最小限におさえる為、ソケットプリザベーションにより人工の骨を填入、平らでメインテナンスのしやすい状態にし、その後ブリッジの作製を行いました。

期間:4ヶ月 費用:約60万円

治療例 3

治療前                    治療後

歯の動揺と隙間が広くなってきた事を気にされて来院されました。

治療:左下奥歯(臼歯)は欠損したままになっておりましたのでインプラントによる欠損部の治療を行いました。欠損部にインプラントを入れるだけの十分な骨量がありませんでしたが、残存歯の負担をなるべく少なくするため、インプラント治療をおこなっています。その他歯周病治療を行っておりますが、上顎正中は歯槽骨の欠損が大きかった為、エムドゲイン法による再生治療も行っています。

ページのトップに戻る

クリニックについて