ドクターブログ

歯科専門器具のご紹介

 

こんにちは。オリオン歯科の林です。


今年は花粉が多く、数年前から花粉症になった僕はマスクが手放せない毎日です。職業柄、毎日マスクをしているのが不幸中の幸いかもしれません。


さて、ここで歯科治療の器具について少しご紹介したいとおもいます。

loupe2.jpg 

掲載元:JAPAN DENTAL SUPPLYhttp://www.dentalsupply.co.jp/seihin/sonota/029.html


このような物をご覧になったでしょうか?ここにライトが付くので、一見すると「炭鉱夫」や「探検家」のような感じです。

これは拡大鏡、通称ルーペといいますが、その名のとおり細かい作業の多い歯科では補助器具として重宝されているものです。

では、どのくらいかわるのかというと・・・

ss-DSC_0007.jpg   ←こちらが こちらに→   s-DSC_0007.jpg

こんなに大きくなっちゃった!という具合です。左の写真は実際の歯の大きさとほぼ同じなので、約3倍拡大すると細かい着色や虫歯がわかりやすくなるのです。

さらにライトがここに加わるわけですが、照度(ルクス)が40000Luxのものを使っています。これがどのくらいかというと、

・明るいオフィス400Luxなのでその100倍

・テレビ局の照明をあてたスタジオが1000Luxなのでその40倍

・太陽が32000Lux以上なので、だいたいそのくらい

と凄くはっきり見えちゃうわけです。


いかがだったでしょうか。もちろん補助器具なのでなくても全く問題ないのですが、毎日の細かい治療の中で目が楽になるそんな器具でした。こんな具合に歯科の専門器具を紹介していきますので、皆さんが歯科に興味がわければとおもいます。

治療に直接関係なくても、疑問・質問あれば是非遠慮なく聞いてください。


林 伸栄

 

 

| コメント(0)
ページのトップに戻る