ドクターブログ

仮歯=TEK(テック)っていいます

 

みなさんこんにちは。オリオン歯科医院の湯浅です。
前回のブログからはや1ヶ月もたっちゃいました。鎌ヶ谷と白井、両方のブログをやっていると、月日が立つのはあっという間ですね。

っていうか、もう10月です。2010年も残り3ヶ月です。みなさん、頑張っていきましょう!(何がだ?って感じですが、いいんです


今回は仮歯のお話です。
私たちが普段治療する際に仮歯を作成することが多々あります。
良くある例で言えば、前歯を治療しているときなんかは、治療しているからと言って前歯がない状態ではいけません
そこで、我々はプラスチックを使って仮の歯を作ります。
もちろん一時的なものなので、色調や形、厚みや使い勝手は最終的なものとずいぶん異なりますので、その辺は患者さんに我慢していただくことがありますが、一時的なものとはいえ患者さんの日常生活の質を落とさないですむよう、よりリアルに作成することを心がけています

さて、そんな仮歯ですが、デメリットがかなりたくさんあります
先に述べたような悪い点だけでなく、100%プラスチックで出来ているため壊れ易かったり、あとは汚れやすいという悪い点があります。
この汚れやすいと言うのは結構致命的で、長々と仮歯を使っていると歯周病の原因になってしまったりします。

と言うわけで、仮歯は一見綺麗で便利なものなのですが、長く口の中に入れておくべき物ではありません

なんだか仮歯の悪い点ばっかりなお話になってしまいましたが。。。ここまでくると話の流れからうすうす気づく方もいらっしゃるのではないかと思いますが、そうです、仮歯を作成すると患者さんはちょっとした達成感みたいな気持ち、もう治療が終わったかのような気分になってしまう方が大勢います(笑)

まぁ、それは仕方ないでしょう。人間だもの


しか??し、仮歯はあくまで仮のもので最終的なものではございません

現在、仮歯がお口に入っている患者さんは、くれぐれもご注意ください

 

 

 

| コメント(0)
ページのトップに戻る